ジョイフルノイズ

ジョイフル♪ノイズ (2012)【監督】トッド・グラフ
【出演】クイーン・ラティファ / ドリー・パートン / キキ・パーマー / クリス・クリストファーソン / コートニー・B・ヴァンス / ジェレミー・ジョーダン / デクスター・ダーデン / ジェシー・L.マーティン

 

★★ [40点]「歌のパワー…」

映画全体として、歌(ゴスペル)のパワーのすごさがあふれてる。
英語の歌詞が追えなくても、その歌声、リズム、曲の展開…すべてに心をつかまれる。
映画館のシートに腰かけているのを不自由に感じるような。
立ち上がっていっしょにおどりたい!

…という期待は十二分に満足させてもらったのだが、問題はその歌は何のため?というところ。
登場人物たちにためらいや疑問はあっても、基本は“神を称えるため”。
「天使にラブ・ソングを」といっしょなのだが、「天使に…」は修道士の世界を描いていて、“そういう世界”と思って引いて見られるようにつくってある。

しかし今作では、普通の服を着て、普通に働いたり高校にいったりしている人たちが、「神を称える」ことにすごいエネルギーをつかう――そのことに違和感を覚えてしまった。
僕以外をふくめ、信者以外の観客が持つであろうこの違和感に対応して、若い登場人物、娘のオリビアも同じような疑問やためらいをもつ。
ところが、それに母であり歌の指導者でもあるヴァイは平手打ちで答える。
またしても違和感…。

あくまで信教の問題なので、いいと思う人も多いようだし、それもけっこう。
人種の違いをこえていっしょに打ち込む姿に教会の積極面をうかがうこともできて、正直感心もした。
しかし、僕個人的には、このぬぐえない「違和感」のためにきびしい点数をつけざるをえない。

Posted by Dai on 2012/05/20 with ぴあ映画生活