「UMLモデリングレッスン――21の基本パターンでわかる要求モデルの作り方」

UMLモデリングレッスン 21の基本パターンでわかる要求モデルの作り方
著者 : 平澤章
出版社 : 日経BP社 / 定価 : 2,520円(消費税120円ふくむ)

良書!!

この間、何冊かの UML 本を読んできたが、UML の記法だけで終わっているもの、複雑な設計にまともに挑みかかって消化不良で終わるもののどちらかという感じだった。
この本で、いくつかのパターンをみて、ホント UML 設計の本質にふれたような感じがした。

ぜったいつかえる。
21のパターンごとに付せんを貼り、「目次でパターンを確認」、「付せんでたどり着く」というのができるように「チューニング」をくわえた。

ちょうど、オブジェクト指向を学びはじめて、 などのオブジェクト指向言語の言語仕様を解説したものをいくら読んでもさっぱりピンと来なかったのが、デザイン・パターンを学んで「なるほど!!」となったのに似ている。

  • いくらリフティングがうまくても一流のサッカー選手にはなれない。
  • ねじやピストンリング、コンロッドをいくら眺めまわしても、エンジンの構造は理解できない。

ただ、クラス図以外は、ステートマシン図がちょっとでてくるぐらいなので、「これで本当にいけるのか!?」の感も。
続巻に期待。

p.s. O/Rインピーダンスについて、この本ではじめて理解できた orz

「Java開発者のためのアンチデザインパターン」

Java開発者のためのアンチデザインパターン―失敗を回避する秘訣
著者 : 安藤利和
出版社 : 技術評論社 / 定価 : 2,499円(消費税119円)

以前に紹介したGoF本で挫折しかけていたデザイン・パターンを、あらためて集中的に勉強中。
後で紹介するしようと思っているもう1冊とGoF本との3冊で、文字通り並行して勉強しているのだが、中心になっているのがこの1冊。

パターンが必要となる前提、タイトルどおりJavaだがコードがていねいで実際どんなクラス構成になるかがよくわかる。

残念なのは、もくじや見出しにも出ているのに、本文からばっさり抜けてしまったようなパターン(Prototype)があること。
もうひとつ、絶版のようで、これから入手が困難になりそうなこと。

「10日でおぼえるUML入門教室」

10日でおぼえるUML入門教室
著 : オージス総研
出版社 : 翔泳社 / 定価 : 2,940円(消費税140円ふくむ)

CD-ROMに「Konesa」というUMLツールの体験版が付属しているし、著者もその開発元であるオージス総研
となると、予想できる通り、あまり問題意識をもたないで「10日」をすごしてしまうと、Konesaのつかい方は覚えても、UMLを学んだことにはならないという状態に陥ってしまうかもしれない。

ぼくは、Konesaとやらのツールの将来性に不安を感じたのもあって、Eclipse のプラグイン、「Eclipse UML」をつかって読みすすめた。
十分、対応関係がある上に、Eclipse と Eclipse UML の操作に親しむこともできた。

この本の存在意義としては、UMLで描いた図が結局どういう(Javaの)コードになるのか、というサンプル。
この点ではこれまでに読んだ本のなかでも充実しているうちに入ると思う。

デザイン・パターンに若干(ほんとにちょっとだけなのだけど)ふみこんだりと、ある程度ステップアップの余地もあり。
そんなに悪い本ではないという印象。

しかし、これを書くにあたって調べたところ、やはり Konesa は販売中止の旧製品となってしまった。(ちなみに現行製品は「Elapiz」で、Konesaでの資産が生かせるとなっているので、データをインポートすることはできるようだ。詳しくはこちらのPDF
こういうことが起きると、書籍としての役割も賞味期限切れの感があるのは残念だ。

「なぜ、あなたはJavaでオブジェクト指向開発ができないのか―Javaの壁を克服する実践トレーニング」

なぜ、あなたはJavaでオブジェクト指向開発ができないのか―Javaの壁を克服する実践トレーニング
著者 : 小森 裕介
出版社 : 技術評論社 / 定価 : 2,289円(消費税109円ふくむ)

この間、UML を中心に勉強してきたが、UML と実際のコードとの橋渡しの部分があいまいだという自己認識にいたった。
で、買ったのがこの本。
前半ぐらいは、オブジェクト指向の用語解説的なものが入るので、これまで買った本とダブる部分が多かったが、UML がでてきて以降の部分は、おぼろげながらイメージがわいてくるようになった。
くわえて、オブジェクト指向プログラミングのメリットの一つといわれる再利用性についての実践に紙幅をさいており、これもこれまで読んだ本では実践的につかめなかっただけに収穫である。

ちなみに、内容としては、じゃんけん、ばば抜き、七並べなどカジュアルな素材を用いて解説しているし、イラストや書籍デザインもポップ調。
なぜか表紙などのブックカバーだけが、いわゆるビジネス書風のいかめしいデザインだし、けっこうガツンとくるタイトルだし…で、「固そう、つらそう」のイメージだったが、いい意味で肩透かし。
あえて、「カジュアルな入門書」としておすすめ。

「オブジェクト指向ワークブック―分析・設計トラック」

オブジェクト指向ワークブック―分析・設計トラック
著者 : 山田 健志 / 出版社 : 翔泳社
定価 : 1,659円(消費税79円ふくむ)

オブジェクト指向強化月間第2弾ということで。
ワークブックというとおり、きわめて初心者むけの入門書ということになっているが、自分としては、これほどオブジェクト指向の説明として「なるほど」と思えた本はなかった。
しかも、そのオブジェクト指向の概念の解説と、それを実際に生かした Java のコードの解説とがうまーく連携している。
これまで読んだ Java などの言語の解説書では、オブジェクト指向については、「予備知識」的な位置づけで、それが実際にコードにどう生きるかの解説とうまくかみ合っていなかったのではないか――とこの本を読んだ後につくづくと感じる。

最後、1/3 ぐらいを占める周辺知識についての部分は、「オブジェクト指向そのものとは無関係」という書評も見うけられたが、オブジェクト指向はどのようなニーズにこたえるのか、この基本的な知識をどう発展させていくか、と、まさに「入門者」にとって非常に有益な情報だと思う。

惜しむらくは、ボリュームの割りに値段が高いという印象。
どうも「ワークブック」のねらいであるはずの、書き込みに抵抗が生まれてしまう。(貧乏くさい? 笑い)
これで、1,000円以内ぐらいに抑えられれば、ベストセラー、ロングセラーになれると思うのだが。

「Javaの絵本――Javaが好きになる9つの扉」

Javaの絵本――Javaが好きになる9つの扉
著者 : アンク / 出版社 : 翔泳社
定価 : 1,659円(消費税79円ふくむ)

この間、Java と C# とを並行的に学んできた。
しかし、「実力アップの秘けつはこれだ!――Java & .NET“超高速”学習法」(「日経ソフトウェア」2005年2月号)がヒントになって、並行的=バラバラに学ぶのではなく、相乗的に学ぶのがいいかも、と発想を転換することにした。

となると、やはりコアとなるのはオブジェクト指向。
ここのイメージをちゃんとしておかなくては…と選んだのがこの本。
入門書としては、いい感じなんじゃないかと思う。
基本的にねらいどおりの本だった。
やや図示それ自体を自己目的化したようで、球や直方体などの抽象的な図形が多用され、抽象的なことを抽象的なまま図にしたという感じを受ける。
もうちょっと具体性があってイメージしやすいものに置き換えられていればなおいいのではないか。
現状でも、充分合格点とは思うけど。
“「Javaの絵本――Javaが好きになる9つの扉」” の続きを読む

「ゼロからはじめるJava」

ゼロからはじめるJava―ゼロからはじめるプログラミング
著者 : 畠中晃弘・江原良典
出版社 : アスキー / 定価 2,000円(消費税95円ふくむ)

夏になると、やりかけの勉強を集中的にやっつけてやろう、という気になるのは受験教育のおかげなのか、ゆがみなのか。
(普段からやればいいんだけどね)

というわけで、仕事も夏休みモードで一段落してるので、集中的に Java の勉強をしてるところ。
なんとか、この「ゼロからはじめるJava」をこの一段落の間にクリアーしたいと思う。
内容はなかなか硬派で、ムックという体裁とギャップを感じるほど、かなり教科書的にすすんでいく。
第1章からいきなり変数やキャストのかなり細かい解説があって、第2章では、ガツンとオブジェクト指向。
でも、プログラムのリストも適切に入っているので、抽象論じゃなくて実際のJavaのコードで理解できるのでなかなかやりがいがある。
難をいえば、ムックらしくページが少ないから、すごく進度が早い気が…。
必死で理解しようという感じも、受験勉強の懐かしい味わいだな。

「EclipseでJavaを始めよう」

EclipseでJavaを始めよう
編集 : 日経ソフトウェア編集部
出版社: 日経BP社 / 定価 2,095 円(税別)
ISBN 4-8222-2825-8

Java の勉強をしたい、というのと、以前に紹介した「一週間でマスターするSQL for Windows」の最後の方で出てくる PHP をつかった web アプリケーションの作成を楽にやりたい、というのがあって、じゃあ Eclipse だ、と。

Eclipse とは、IBM が開発してオープン・ソースで配布している開発ツール。
標準では Java の開発環境ということなのだが、プラグインを利用することで、前述の PHP や、C、C++、さらには C# などにも対応するというポテンシャルをもっている…らしい。

で、このムックを買ってみた。
“「EclipseでJavaを始めよう」” の続きを読む