カテゴリー
MOVIE

「マッハ!」

マッハ! [DVD]

「マッハ!」公式ホームページ

すごいぞ、トニー・ジャー!!!!!!!!

「一つ。CGを使いません」「二つ。死んでもワイヤーは使いません。絶対」…のコピーの「マッハ!」
ストーリーだなんだとゴチャゴチャいうな。
トニー・ジャーのガチンコ・アクションを見ればいい。
…そういう映画。
ちなみに、タイ映画です。

いやー、ほんとすごいよ、トニー・ジャーのアクション。
アクションがすごいというより、身体能力がすごい。
トニー・ジャーも尊敬していたというジャッキー・チェンのアクションもすごいけど、ジャッキーの場合は、アイディアのすごさ。
トニー・ジャーの場合は、走る・飛ぶ・打つ、でもって柔軟、というアクションの基本の部分がすごい。
映画館でも「おおっ!」「すげっ!」と歓声が上がる。

しかし、特撮・スタントマンなしっていう生身のぶつかりは、「すごさ」の共感もしやすいが、「痛さ」の共感も半端じゃない。
ぼくはどっちかというと「イテっ!」と声を上げてしまったわけで。

その点をストーリーが補ってる。
大きなストーリーは、村から奪われた仏像を取り返しに、悪いやつを追いかけ、最後にはやっつけるという、ごく単純明快なもの。
最初の方で、トニー・ジャー演じる主役のティンと、その仏像が「同い年」というエピソードと絡めて、「前世でティンと仏像は双子だったかもしれないねぇ」とおばあちゃんに語らせる。
でもって、ラストシーン。
確かにハッピーエンドなんだけど、半端じゃないぞ。
ティンの結婚式でもなければ、大もうけでもなく…なんと「出家」!
頭を丸めたティンが像に乗って村をパレードするという。

そう。
主役のティンがどんなに痛そうな大技をくりだしても、それは「神の使いがやってることだから」で納得させるストーリーなのだ。
トニー・ジャーの、妙に高くておちゃめな声(ベッカムに通じるものあり・笑)も、愛らしさという点で、駑級アクションを中和するのに役立ってるのかも。

ということで、心置きなく、トニー・ジャーの体操競技にも通じる名演技をスクリーンでお楽しみください。

p.s. わかりやすい悪役として、日本人名前のこすズルいヤツと、「パール・ハーバー」とか「ビッグ・ベア」とか、英語名前で迷彩服着たりなんかして大暴れする白人――どう考えてもアメリカ人が登場し、トニー・ジャーにあっさりやっつけられる。
タイの人にとっても「悪いヤツ」の代名詞なんだよなぁ…。

コメントを残してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください