カテゴリー
MOVIE

「父と暮らせば」

最近、「夕凪の街 桜の国」を検索キーワードにこちらのブログに来てくださる方が多いのです。
こんなちっぽけなブログですら関心をもってもらえるのですから、映画のパワーを感じます。

そこで「夕凪の街 桜の国」をご覧になった方、この「父と暮らせば」もお勧めです。
「夕凪の街 桜の国」について書いたときにもキーワードにした、「生き残ってしまったという自虐」について自分が最初に考えさせられた映画といえます。

こちらはおもに登場人物が3人。
井上ひさしさんの原作どおりの戯曲調で、映画的には物足りない感じがしないでもないですが、その分、核心に迫って考えさせられる仕上がりになっていますよ。

コメントを残してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください