カテゴリー
* Diary *

やべっ。ツボに…

それほどでもないちょっとおかしいことがつみかさなっていくと、「カチン」とスイッチが入って、もうおかしくてたまらない…ということがある。

きのう、妻と東急ハンズで、洗濯干しもの関係(←なんだそりゃ?)を見ていたのだが、そのなかに「楽叩き」というふとん叩きがあった。
例えるのが難しいのだが、野球のキャッチャーがかぶるフェイス・ガードをそのまま小さくしたような、旧来のふとん叩きを立体的にした形状になっている。
いわく、その構造でより多くふとん内のほこりを排出できるそうな。

さらに、その網の外側には、微妙に毛足 5 ㎜ぐらいのナイロン糸のブラシがついている。
いわく、ふとんの表面にブラシをかけることができるそうな。

さらにさらに、柄の端のところに、直径 1 ㎝弱の突起がついている。
いわく、「すっぽぬけ防止」――ここでスイッチが入ってしまった。
すっぽぬけるほど必死でふとんを叩く主婦の姿。
すっぽぬけてしまってあらぬ方向へと宙を舞うふとん叩きと、頭が真っ白になる主婦の表情をとらえるスローモーション…。
そんなシーンを想像して、必死で笑いをこらえ悶絶し、妻に白い目で見られた。

つづいて、きょうたまたま見つけたこれ↓

ゆかいな誤変換 by僕秩。

いわゆる誤変換集の本。
上記のリンクからのホームページで募集したものが書籍化されるということだ。
もとネタ、「歴代投稿一覧!」を読んでいて…最初の1ページぐらいは、平常心で読んでいたのだが、2ページ目の途中ぐらいで、またしても「カチン」と。

いま、苦しんでます。
悶絶してます。
またしても妻が白い目で見ています。

コメントを残してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください