カテゴリー
MUSIC

シェイクスピアズ・シスター「Stay」

Hormonally Yours
アルバム「Hormonally Yours」に収録

それは15年ほど前の秋の日、引越し作業の途中でトラックを走らせていたときのことだった。
シートは2つ。
比較的流れのいい都内の道を、FENをかけ助手席に座る友人とたわいのない話をしながら快適にドライブしていた。
そしてかかった1曲のアコースティックなナンバー。
秋の日の感じにあまりにぴったりで、すいよせられるように耳を傾けた。
曲が終わると友人も「いいじゃん。これ。見つけてよ」。
まだ「ネットで検索」とかいう便利なシステムが存在しなかった当時、「♪Stay with Me–」というサビのフレーズだけでよくたどり着いたと思うが(どうやってたどり着いたのか思い出せない)、シェイクスピアズ・シスターの「Stay」という曲だということがわかって買ったのがこのアルバム。

ところが、アルバムに収録されていたバージョンは、80年代風の豪奢さと、アルバム全体としてのグラムロック風のズルズルとした雰囲気をひきずった「ふつうのスローナンバー」だった。
もちろん、「シングルには別バージョンが収録されているのではないか」とも考えたのだが、当時日本で発売されていた同名シングルではかなわなかった。
はっきりいってあまり聞かなかったアルバムなのだが、「アルバム買っておけば、記憶に残りつづけるだろう」と思っていた。

そして、つい昨日、仕事帰りによったCDショップでたまたま「Shakespear’s Sister」のコーナーを目にした。
そしてそのなかの見たこともないジャケットの一枚を手にすると、どうやら、ベスト版らしい。
そして、曲目のなかに「Stay (Accoustic version)」の文字を発見!!
ついに20年ぶりの悲願達成となったわけだ。
本来、こちらのCDの方を紹介すべきだろうが、AmazonのJPにもCOMにもそれらしきCDがリストされていない。
まさに幻のアルバムだ。

あるんだなぁ…こういうことって。

コメントを残してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください