カテゴリー
MOVIE

「君に捧げる初恋」

君に捧げる初恋 特別版 [DVD]
発売元 : ジェネオン エンタテインメント
品番 : OPSD-S650 / メーカー希望小売価格 : 5,040円(消費税240円ふくむ)

「君に捧げる初恋」公式ホームページ

大ファンのソン・イェジンの日本公開最新作ということで。
相手役は「猟奇的な彼女」のトホホ男役のチャ・テヒョン…期待が高まる。

前半は、80年代の「パンツの穴」や「ビー・バップ・ハイスクール」をほうふつとさせる「青春の暴走」的ドタバタで、「韓国映画にもこういうのがあるんだ」、「どうなることやら…」という雰囲気で眺めていたわけだが…。

彼に別れを告げた後のソン・イェジンの涙、その一撃で「あれ? これただのドタバタじゃないかも…」と思わせるあたりはさすが!!
案の定、涙、涙のエピソードがいくつかあって、なんとも不思議な印象を残すエンディングへとつながっていく。

けっして完成度の高い映画ではないけれど、あたたかいエピソードで泣きを誘うあたりは実に韓流のおもむきで、悪くない。…

カテゴリー
MOVIE

「私の頭の中の消しゴム」

私の頭の中の消しゴム [DVD]

「私の頭の中の消しゴム」公式サイト

なんといっても見所は、主演女優のソン・イェジン…って入るのは偏りすぎ?
日本のドラマ、「Pure Soul ~君が僕を忘れても~ 」がオリジナルということだけど、ストーリーもなかなかよくできてる。
タイトルの印象とはうらはらに、二人が恋愛→結婚とつながっていくストーリーが半分、ソン・イェジンが演じる妻が記憶を失っていく過程が半分。
しかし、前半の過程がていねいに描かれるからこそ、後半が切ないというのがいい。

基本的に「泣かせる」映画だけど、ラストシーンは決して「泣かせっぱなし」でない、ハッピーな印象。
この印象がまた以前に紹介した「マラソン」に通じるあったかさがあっていい。
「Pure Soul…」は未見なのだが、日本のドラマのベタ・パターンとしては、夜景がきれいな山の上とかビルの屋上とかあたりで二人っきり、指輪とかコロンの香りとかをきっかけにちょっと記憶が戻って「ごめんね」「…愛してる」、二人抱きあって涙…みたいな。
この映画のラストが「韓流」なら、日本人が失ったものは大きいなぁという印象。

「鎖骨に涙がたまるほど泣きました」――これは、映画館に貼ってあったコピーだが、それほどじゃないけど、泣ける、いい映画。
おすすめ。
(↑このコピーはむしろ笑えるけど)

カテゴリー
MOVIE

「永遠の片想い」

永遠の片想い [DVD]

「永遠の片想い」公式ホームページ

「猟奇的な彼女」のトホホくん役を演じたチャ・テヒョン、「ラブ・ストーリー」で二役の主役を演じたソン・イェジンをメイン・キャストにすえるとくれば、いかにも前記の2作品をつくったクァク・ジェヨン監督の雰囲気に期待しないではいかないわけで…。

さっそく、公開の翌日からいってきました。

カテゴリー
MOVIE

「ラブストーリー」

ラブストーリー [DVD]

映画「ラブストーリー」公式ホームページ

泣いちゃうかもなぁと思いつつ、覚悟をきめて劇場に足を運んだものの、もうおいおいと泣いてしまいましたよ、マジで。
韓国発の純愛ストーリー「冬のソナタ」の面影(実際、主演女優のソン・イェジンは、同シリーズ「夏の香り」に主演)を感じたこととと、「猟奇的な彼女」のクァク・ジョエン監督作品ということで楽しみに出かけた。

現在三角関係中の女子学生ジヘが、日記や手紙を通じて母親のジュヒとジュナ、テスとをめぐる悲恋の三角関係を知る、というあらすじだが、現在と過去の配分と交錯しぐあいが実に絶妙。
興行的には「泣ける」「悲恋」で押し出しているが、ラストでめまぐるしく現在と過去を行きかう展開とその結末は、意外も意外。思わず「おおーっ」と声が出そうに。
詳細はナイショです。