カテゴリー
GAME

「ツーリスト・トロフィー」

ツーリスト・トロフィー
発売元 : ソニー・コンピュータエンタテインメント
品番 : SCPS-15105 / メーカー希望小売価格 : 6,090円(消費税290円ふくむ)

「TouristTrophy | ツーリスト・トロフィー」公式ホームページ

去年の秋に大型バイクの免許をとった。
10年越しの夢が10万円ほどの費用と、仕事明けの時間3時間ほど×10日ぐらいで実現してしまった。
さっそくデカいバイクに乗りたいところだけど、費用 + 置き場所(結局費用だけどさ)がなくて、がまんしている。

きっとそんなフラストレーションを吹き飛ばしてくれるに違いない!…と思って買ったのがこれ。
車のゲームの代名詞ともいえる「グランツーリスモ」シリーズの延長線でつくられたバイクゲーム、期待 Max だったわけで。

で、さっそくプレー。
ほほぉっ!! わが青春の86TZRが入ってるでないの!!
ということで、いざさっそうとサーキットへ!!

…開始30秒で転倒。
そしてコーナーごとに着実に転倒。
なんじゃこりゃ。
おそらく本物のバイクに乗るほうが簡単。

考えてみれば、バイクというのは、微妙なGの微分を全身で感じて走っているわけで、けっして決まりきったアクセルの開き具合とか、車体の倒し具合で走ってるわけではない。
本物のバイクに乗っているのと比べて、テレビの画面、アクセル音、アナログな操作系だけではこんなに情報量が足りないのか。
あらためてバイクに乗ることの魅力を再発見してしまった。

しかし、そうはいっても大型二輪ライセンスをもつ自分としては挑戦しないわけにいかない。
何より、昔乗っていた86TZRすら手に入れられなければ、現実のバイクの夢もかなわないような気がしてしまう。
さあ、走るぞおー。

カテゴリー
MOVIE

「トルク」

トルク [DVD]

「トルク」公式ホームページ

「ワイルド・スピード」のバイク版、というのがわかりやすいだろうか。
大排気量バイクにまたがったアメリカンスピードおバカさんたちが、高速道路を、砂漠を、森の中をひたすら爆走するという単純明快な映画。

しかし、映画開始5分ほどで「うーん…わかってやがる」とうなってしまった。
ピカピカに光って存在感を放つカウリング。
ときおりみせる無垢の金属のきらめき。
四輪のすきまをつく、コンパクトかつ鋭い機動性。
バイクの動作を制御するライダーの全身の動き。
重たい皮のライディング・スーツ。
シフト・ペダルを入れたときの、ギアがかむのとチェーンにテンションがかかるのとのまざりあった「バツッ!」という音。
タイヤのゴムやオイルのにおい。
などなど。

その雰囲気は、↑の公式ホームページからリンクしている、アメリカ版公式ホームページ(U.S. OFFICIAL SITE)の予告編(TRAILER)でも、充分味わえる。

そして意外や意外、カメラアングル、カメラモーションなどの映像の斬新さはこの間見た映画のなかで、ナンバーワン。

ストーリーとかなんとかは…まぁいいでしょ。
でも、けっこう楽しめた。
ま、都内の劇場では、ロードショー明日(11/5)までってことですが…。

カテゴリー
* Diary *

チューンナップ、高速化というフレーズに燃える

きょうのいままでWebサーバーがアクセス不能になってました。
というのも、きのういろいろとゴニョゴニョ設定をいじっているうちにテストが不十分だったところの起動プロセスで止まってしまってました。

朝、出勤するときに気づいたんだけど、直す時間はなかったので、1日放っておきました。

きのうゴニョゴニョいじってたのは、このホームページのベースになっている「PHP」という技術がらみで。
ま、ようはちょっとだけ高速化した…はず。
例のごとく右下に「Powered By」って感じでバナーを貼っておいたので興味のある人は、リンク先をごらんあれ。

やっぱ「チューンナップ」とか「高速化」ってフレーズ、燃えるよね。
バイク乗ってたときに、ギアオイル変えただけで吹けが軽くなったり、燃焼効率のために2ストオイルの量を絞ったりとかやってるの、異常に楽しかったもんね。

このホームページの感じとしては、実の伴わない「ステッカーチューン」みたいだけど。
トホホ。

カテゴリー
* Diary *

驚いちゃったなぁ…

お世話になっている Amazon.co.jp のトップページに「2005年カレンダー」のバナーが。
「おぉ、もうそんな季節か…」と、何気なくバナーをクリックすると目に飛びこんできたのは…