カテゴリー
GAME

「NBAストリートV3」

NBAストリートV3

発売元 : エレクトロニック・アーツ
品番 : SLPM-66021 / 価格 : 6,090円(消費税290円ふくむ)

ひさびさにゲームを発売日直後に買っちゃいました。
やはりこのシリーズ、がまんできない。
+きょう見たバスケものの映画、「コーチ・カーター」がまあまあよかったのに、なんと!、映画のパンフ売ってないという前代未聞の事態。
せっかくだから、なんか思い出に残るものをということでこのゲームを(ちと強引)。

ゲームそのものは…なんか、いろいろできるようになって、複雑になっちゃったなぁ。
GAMEBREAKER という大逆転シュートも、いままではかんたん操作であとは華麗なプレーを鑑賞するだけ…だったのに、途中いろいろ操作ができる上に失敗して大ショックという事態さえ起こるという。

あとは、いままでのシリーズとくらべて、「NBA」より「ストリート」の方が強調されてる感じもどうかなあ、と。
キャラクター育成とかめんどくさいんだよね。
リアルにNBAプレーヤーに感情移入する方が爽快なんだけど。

つぎの「4」は次世代機ですかね?――うわぁ、なんかますますややこしくなりそ。

カテゴリー
MOVIE

「コーチ・カーター」

コーチ・カーター スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]

「コーチ・カーター」公式ホームページ

荒れた高校のバスケ部に就任したコーチが主人公という、ひさびさに「スポーツもの」。
たまたま新宿・高島屋のHMVにいったら、同じフロアのテアトルタイムズスクエアでロードショー中。
しかも、水曜日1,000円なんだってさ。(忘れないように書いておこう)

バスケものとしては、実際に選手として活躍している俳優がガツンガツンとダンクを決めたり、ガシッとスクリーンを決めたりと動きが本物っぽい。
さらに、劇中の選手たちとともに、観客にもある程度のフォーメーションを教えこむので、試合シーンのクオリティーは高いと思う。

しかし、この映画のもう一つの見せ場は「バスケをしない」エピソード。

バスケの試合では快進撃をつづけるチームだが、コーチ赴任時の部員たちとの「契約」とは裏腹に学業の成績は全然ダメ、ということがあきらかになる。
そこでコーチは、学業で挽回するまで、バスケの練習をする体育館を閉鎖、公式戦にも出ないことをきめて、図書館に部員を集めて補講をはじめる。
納得いかず文句をいう部員たちに、コーチは彼らが巣立っていく社会の現実をつきつける。
「統計によれば、この学校を卒業するのは50%、そのうち進学するのは2%。この街では青年の3人に1人は逮捕される。…家に帰って親兄弟の姿を見てこい。不満を感じたら、戻って勉強をしろ」、と。

結局コーチは、部活動はあくまで高校教育の一環ということを語るわけだが、彼らをとりまく社会は「バスケで勝ってるんだからいいじゃないか」という雰囲気に包まれ、体育館の閉鎖中止を迫る。
コーチは「部員たちとの契約が守れないなら、辞任する」と宣言するのだが…。

カテゴリー
GAME

「NBAストリート2 ダンク天国」

NBAストリート2 ダンク天国
発売元 : エレクトロニック・アーツ
型番 : SLPS-25239 / 価格 6,800 円(税別)

一言でいっちゃうと、ストリート・バスケを NBA の選手でプレイできちゃうゲーム、ってなことになるわけだが、それだけではこのゲームを表現したことにはならない。

全体にあふれる HipHop を楽しむところにこのゲームの真髄がある。