カテゴリー
BOOK

「コンサルタントになる人のはじめての業務分析」

コンサルタントになる人のはじめての業務分析
著者 : 窪田寛之
出版社 : ソフトバンク / 定価 : 2,730円(消費税130円ふくむ)

UMLの実践的な勉強をしたくて買った本。
実際の業務を分析して、そこから出てくる要求をUMLで仕様化するというのが主題ようだったからだ。

しかし、残念ながら結論にいたる過程の部分、思考のプロセスをもっと知りたかったという感じで、ちょっと早足すぎる感じだった。
…それとも自分がついていけなすぎなのか。

カテゴリー
BOOK

「グラス片手にデータベース設計」

グラス片手にデータベース設計~販売管理システム編
著者 : 梅田弘之
出版社 : 翔泳社 / 定価 : 2,520円(消費税120円ふくむ)

仕事上、はじめてデータベース設計にかかわるということで読みはじめた。
業務、販売管理という「文系」的な事象を、データベースという「理系」的な見方でとらえるのがおもしろかった。

本筋からすると、データベースの構造の例に注目すべきかもしれないが、とにかく全体としての「考え方」、「応用の仕方」がためになった。

ちなみに、本のタイトルにちなんで章末に掲載されているカクテルのレシピとストーリーもなかなか気が利いていて、読みすすむ推進力のひとつになったかも。