カテゴリー
きょうの前むき一言

オービル・ライト

「ウィルバーと私は、その朝がくるのを待ちきれないでいた。…