マンションを買う・3 ~保険でもやもや~

住宅ローンを組むと、セットで実質生命保険に入ることになるらしい。
団体信用生命保険(だんしん…Dancin’ みたいで笑ってしまうが)とかいうので、返済中に死んだり、普通には収入を得るのに困難な障害を負ったりしたときに、返済を肩代わりしてくれるというわけだ。

くわえて出てきた「おまけ」として、がん・脳卒中・心筋梗塞の「三大疾病」にかかっただけで(死ななくてもってことだけど)返済が免除される「三大疾病特約」というのもあるらしい。
もちろん余分に保険料がかかるわけだけど。

じつは、親父が比較的若いときに胃がんをやってて、漠たる不安がある。
よっしゃ! かけるか! と思っていた。

が、いろいろいきさつがあって、ローンを組む金融担当のこれまた若い人がズバッとアドバイス。
「脳卒中・心筋梗塞だとだいたい死んじゃうことが多いですからね、かけない人の方が多いですよ」。
ガーン!
「それに生命保険と違うのは、あくまで残金の精算ですから。
ローンの返済始まってすぐにかかれば○○千万円の保険金が下りますけど、それからローンの終わりに行くにしたがって受けとれる保険金が少なくなっていくことになります」
ガーン、ガーン!

そ、それでもローンの返済がはじまってすぐにがんになれば丸々○○千万円浮いてラッキーでは…。

…ってちょっと待て!
「がんになってラッキー」なんて話があるのか、おい自分。
働くこと=収入を得るのが困難になるからこういう制度があるんだ。
一度かかればローンの返済の不安はなくなるかもしれないけど、ガンの転移・再発という文字通り命にかかわる不安をかかえて生きていくことになる。

この保険にまつわるもやもや感は何かといえば、不確定なファクターに自分の一生の大事をかけるという地に足の着いてない感だ。
もちろん「がんになれば、つらい。つらいからこそ、少しでもプラスの要素である保険金がほしい」とかいう考え方もあるだろう。
だけど、やっぱり自分の性にはあわない。
すでに生命保険にも入っているけれど、この際だから自分の生き方をとぎすませることにしよう。
「だんしん」はしょうがないにしても三大疾病特約には、さようなら。
入っている生命保険も思い切って整理することにしよう。
がんの不安があるなら健康な生活を意識して、いつまでも元気にローンを返しつづけることにしよう(ちょっと悲愴)。

自分自身を資本主義ギャンブルのかたにするのは、やーめた。